防水工事を行なえば雨漏り修理も同時にできる

防水工事を行なう

雨漏り修理を行なう時は、一緒に防水工事をすると良いでしょう。防水工事を行なうことで、雨水の浸入を防止し、建物の劣化を防ぐことが出来ます。

防水工事について

家

防水工事は、屋上やベランダ、バルコニーなどからの雨漏りを防ぐための工事です。雨水が建物の内部に浸入してしまうと、基礎部分の柱や梁が腐食してしまい、鉄骨などにもサビが出るので、建物の強度が弱くなってしまいます。それを防ぐため、防水工事は必要なのです。

防水工事の種類や特徴

耐久性や遮熱性に優れている
アスファルト防水工事は、古くから行なわれている信頼性のある工事です。この工事の特徴は、仕上げにコンクリートで押さえた場合は20年程度、コンクリートで覆っていない部分でも、10~15年程度の防水効果持続します。耐久性や断熱性にとても優れている工事です。
耐久性を持続させる
ウレタン塗膜防水工事は、防水層をポリウレタンなどの塗膜で作る、塗膜防水という工法になります。この工事の特徴は、塗料が元々の下地に馴染みやすいので繋ぎ目のない綺麗な仕上がりになります。また、塗料なので、どんな複雑な形でも防水層を作ることが出来ます。
軽くて丈夫
FRP防水工事は、繊維強化プラスチック(FRP)を使った工事です。この工事の特徴は、FRPがどんな下地にでもしっかりと密着するため、とても丈夫ということです。また、建物から出る振動や歪みにも対応できる追随性があるので、防水層の効果を長い間維持することが出来ます。

防水工事は、雨漏りの症状や、工事の目的・用途に合わせて業者と相談しながら選びましょう。

排水溝からの水漏れを解消する

排水溝の詰まりは業者に依頼して解決する

屋上やベランダの排水溝は、建物の外側に設置されているため、経年劣化しやすい場所です。そのため、水漏れを起こしてしまうことがあります。排水溝の水漏れ箇所を特定することは、素人では難しい為、専門の業者に依頼して直してもらいましょう。

TOPボタン