自分で定期的に排水溝の掃除や点検することで予防出来ることがあります。

排水溝による雨漏りを防ぐ

ベランダや屋上の排水溝が原因で、雨漏りが発生している場合は雨漏り修理が必要になりますが、自分で定期的にメンテナンスすることで、雨漏り対策をすることが出来ます。

ベランダの排水溝を綺麗に

掃除道具

定期的にベランダにあるゴミやホコリを綺麗にしていきます。風で飛んできたゴミや落ち葉、洗濯物から落ちた髪の毛や糸くず、また砂やチリなどベランダには、様々なものが溜まっています。これらを、ほうきで集めて、ちりとりを使って取り除いて掃除しましょう。ベランダは、綺麗に見えてもとても汚れています。汚れがひどくなる前にきちんと掃除を行なうことで、詰まりを防止出来るので、是非続けて下さい。

定期的に点検をする

排水溝の詰まりを回避するためには、定期的に点検をすることも大切です。ベランダの隅や、排水溝周りにゴミが溜まっていないか、雨水はしっかり排水溝から流れているかなどを確認し、少しでも変だと気がついた場合は、確認してみましょう。

ここをチェックしよう

ベランダの防水塗料の確認
防水塗料が、ひび割れしていたり、めくれたりしている部分はありませんか?
排水溝の確認
排水溝から雑草が生えていることは無いですか?またゴミやホコリで排水溝が塞がっていませんか?
床の確認
ベランダの床がコンクリートの場合、経年劣化や建物の歪みなどによる、ひび割れや小さな隙間が出来ていませんか?

ベランダの排水溝にゴミや落ち葉などが詰まった状態で放置すると、雨漏りの症状を悪化させることになるので、注意が必要です。定期的に掃除や点検をすることで、予防することも出来るので、やってみましょう。

TOPボタン