プロが行なっている雨漏り修理前の事前調査

業者に雨漏り修理と調査を依頼する

ベランダや屋上の雨漏り箇所を自分で特定することはとても、難しいです。また、排水溝が雨漏りの原因になっている場合もあるので、専門の業者に依頼し、プロの目で確認してもらうことが大切です。

業者が行なっている調査

周囲を確認
目視調査は、雨漏りの原因箇所を推測し、屋根や天井裏を見て、雨水が通った痕跡が無いかを目で見て調査する方法です。この調査は、作業員の経験や知識、実績などで、精度が変わることがありますが、目視で原因を発見すると他の検査に切り替えて、さらに詳しく調べることが多いようです。
雨漏りを再現
散水調査は、雨漏りの原因箇所に水をかけて、雨が降った時の雨漏りの再現をして調査する方法です。この調査は、プロの作業員が上手く散水を行なえば、とても高い確率で原因箇所を見つけることが出来ます。
温度差で確認
赤外線サーモグラフィー調査は、高感度赤外線カメラで建物を撮影し検査する方法です。検査対象の建物を赤外線撮影する際、気象条件を決め同じポイントから同じ角度で撮影を行ない、リアルタイムで温度差を確認していきます。温度差が確認出来た場所には、何かしら異常があると分かるので、雨漏りの原因を見つけることが出来ます。
お金と電卓

上記の検査方法は種類によって費用が発生しますが、雨漏りの原因箇所や症状を特定することが出来ます。雨漏り修理を行なう前に、しっかり調査してもらいましょう。

調査は専門のプロにしてもらう

屋上やベランダの排水溝の詰まりが原因で、雨水が住宅に浸入してくる可能性があります。自分で詰まりを確認しても良いのですが、落下などの危険を伴う恐れもあるので、雨漏り業者に調査を依頼しましょう。そうすることで、正確な結果が得られます。

TOPボタン