迅速に雨漏り修理を依頼するために~排水溝にご用心~

雨漏り修理が必要になる症状

男性

雨漏りは、そのまま放置しておくと、建物自体を劣化させてしまいます。雨漏りを見つけた場合は、すぐに対処しないといけません。雨漏りの原因箇所を見つけて、雨漏り修理を行なうようにしましょう。

雨漏り修理が必要になりやすい場所

屋根
雨漏り修理業者に、今までで最も多く修理した場所を尋ねたら、みんな口を揃えて屋根と言うでしょう。このように屋根は最も被害が多い場所です。瓦のズレや、コーキング材の劣化、防水シートの破損など、様々な原因で雨漏りになってしまいます。雨水が少しでも侵入すると屋根の骨組みである木材が腐食するので、気をつけなくてはいけません。
屋上
屋根と同じように定期的にメンテナンスが必要です。屋上の雨漏りは、防水塗料の剥がれや排水溝の詰まり、防水層の劣化が主な原因です。屋上の雨漏りは気づかない場合も多いので、大規模な雨漏り修理になってしまう恐れがあります。
ベランダ
ベランダも、雨風の影響を直接受ける場所なので、注意が必要です。ベランダの雨漏りは、防水シートのひび割れや小さな隙間が原因です。ベランダは人が歩くだけでも劣化が進みます。またひび割れや剥がれがあると、室内に雨水が侵入してしまうので、気をつけましょう。

雨漏りの主な原因

上記の様な場所は、建物の中でも特に雨漏りが発生しやすい場所といわれています。雨や風、太陽の光といった自然の影響を直接受けてしまう場所なので、雨漏り修理が必要かどうかを見極めましょう。

経年劣化
屋根に使われている材料が錆びたり、塗装がはがれたりして、屋根自体が機能せず雨漏りしている場合があります。
強風
台風で発生する強い風の影響で、棟板金やストレート部分の浮き割れ、漆喰の崩れなどを引き起こします。
地震
地震の影響で雨漏りが発生することもあります。地震の揺れで、瓦がずれたり、コーキング部分に亀裂が入ることで、雨水が浸入します。

雨漏りの原因は様々ですが、どんな建物にでも起こります。普段の生活から注意して、少しでも「おかしい」と感じた場合は雨漏り修理をすることが重要です。

ベランダや屋上からの雨漏りは排水溝が原因

住宅

建物の経年劣化や、施工の問題によって起こる雨漏りですが、ベランダや屋上にある排水溝の詰まりが原因で発生することも多いです。どのような場合に発生するのか、確認してみましょう。

排水溝の詰まりによる影響

ベランダや屋上にある排水溝は外に設置されているため、いろいろな物が詰まってしまいます。一番多いのが、枯れ葉や泥です。これが、長い間少しずつ蓄積し、排水溝や竪樋の曲がっている部分を塞ぐので、雨水が正常に流れていかなくなります。その雨水が防水加工をしていない場所や、防水塗料が剥がれている部分から家の中に浸入してくる場合もあります。

TOPボタン